自粛中は飲食店にも行けないので、外食で感じられていた満足感や特別感がない…。
おうちの中でも贅沢感を味わいたいから、「デリバリーグルメやテイクアウトを活用したいけれど高いし量が多いし、お店にも出向けない!」という人のために、
今回は外食で人気のメニューを安価な材料で再現した、とっておきの「贅沢ご飯」レシピをご紹介します。

自粛中でもレストランのような贅沢感を味わいたい!

お菓子とジュースで我慢の日々…。

こんにちは。
外食することが好きで、週4はカフェやレストランで美味しいものを食べて、満足感を味わっていたまひるです。
外出自粛になってしまって、デリバリーやテイクアウトグルメを上手く活用したいけど、家の周りには1人で食べきれるような、リーズナブルなお店がなくて結果的にコスパが悪いのでいつも諦めているんです。
でも美味しいもの食べてストレス解消したいしなぁ~…。

じゃぁ自分で贅沢ごはん作っちゃえば⁉

戸棚にしまっていたのを忘れてた~

そんな時目の前にあったのが「小麦粉」。
私<あぁ、小麦粉様~~!…ひらめいた!もしかしてデリバリーで食べられる料理って自分の家で作れたりするかも⁉
…そうです、一工夫すればおうちでも簡単に、コスパのいい贅沢ご飯が作れたりするんです!
今回はおうちにいながら外食メニューを食べた気分になれる「贅沢ご飯」のレシピをご紹介します。

おうちで作るメリット

①1,000円以内で作れるのでコスパがいい

出来立てのものを楽しめる

③気分に合わせて自分の好きな具材をカスタマイズできる

いつもよりアレンジしてちょっと手を掛けるだけで、外食気分を味わえたり、デリバリーグルメ以上のクオリティの料理が楽しめるんです!

1.  窯を使わないフライパンピザ

材料費:300円
工程数:40分

ピザってデリバリーすると1,500円はするし高い!
でも家でならフライパンですぐ作れるし、好きな具材乗せ放題で幸せ気分を味わえます!

お皿に乗るちょうどいいサイズ

材料(1人分)

・小麦粉 100g
・砂糖 5g
・塩小さじ1/3(1〜2g)
・ベーキングパウダー小さじ1/3(1〜2g)
・サラダ油orオリーブオイル 5g
・水 55cc
・ピザソース、マヨネーズなど お好みで
・卵、ハム、チーズなど お好みで

作り方

①ピザに乗せる野菜を薄切りにしておく

この量は結構多いです…。2~3人前作れます

②ボウルに、小麦粉、砂糖、塩、ベーキングパウダーを入れて混ぜる

③サラダ油orオリーブオイル、水を入れ、手に生地がつかなくなるまでこねていく

ボール状になるくらいまでこねる

④フライパンにアルミホイルを敷き、手で平べたく伸ばした生地を乗せ、ソースを伸ばした後、野菜やチーズを乗せていく

ケチャップとピザソースを混ぜました!

⑤10分~20分焼いていく。チーズが溶け、野菜に火が通ったら完成

蓋をすると火が通りやすい

ポイント・感想

ピザソースがない場合はケチャップでも代用可。
野菜をぎっしり詰めてしまうと切り分けるのが大変なので、まばらに乗せていきます。
初めておうちでピザを作ってみましたが、生地のカリっと食感が楽しめ、ジャンキーさがないのでペロッと食べられました!

料理にもお菓子作りにも使える万能小麦粉!

2. ただの寿司じゃなくて…カリフォルニアロール

材料費:250円
工程数:30分(ご飯を炊く時間含めず)

出前寿司はネタの組みあわせが決まってるし、1人だと量も多い気がする…。
そんな時は好きな具材を入れられる、カリフォルニアロールを作りましょう!

これも萌え断と呼ぶのでしょうか?

材料(1本分)

・ご飯 1.5膳
・酢(またはすしのこ) 大さじ2杯
・砂糖 大さじ2
・塩 小さじ1~1/3
・焼きのり(全形) 1枚
・炒り白ごま 大さじ2
・かにかまぼこ 3~4本
・たくわん 1/4本
・きゅうり 1/4本
・青じそ 3枚
・マヨネーズ 20g

作り方

①ご飯は事前に焚いておく

②その間に具材を切っておく。きゅうり、たくわんは長さを半分に切って縦4つ割りにする(※太すぎると崩れたり見映えが悪くなってしまうので、程よく細切りに!)

③ご飯が炊けたらすしのことお酢を好みの量入れ、よく混ぜる

④③が冷めたら巻きすに焼きのり1枚を広げ、すしめしをのせて軽く押しつけながら全面に広げ、白ごまをまんべんなく散らし、ラップをかぶせて手で押さえる

ごはん、ゴマは満遍なく広げましょう

⑤ラップごと両手ではさんで裏返し、再び巻きすにのせる

⑥焼きのりの手前側に青じそ3枚を敷き、マヨネーズを2往復するように絞り出し、きゅうり、かにかまぼこ、たくわんを均等にのせる

具材は重ねて乗せてもOK

⑦ラップと巻きすを重ねて持ち、手前からひと巻きして締め、最後まで巻く。巻きすをはずし、ラップをつけたまま巻き終わりを下にして置き、再び巻きすにのせて両手で締めながら形を整える

ごはんをつぶしすぎないように注意

⑧形が整ったら、切り分けてラップをはずし、お皿に並べて完成

いっきに包丁を引くイメージで

ポイント・感想

野菜は太すぎると崩れたり見映えが悪くなってしまうので、程よく細切りに!
巻きすで巻くときは、後でロールを切った時に崩れないようにきつく締めること。

やらかした!

途中で海苔巻きを作ってしまうハプニングもありましたが、好きな具材を一度に食べている幸福感がありました♡

海鮮丼やお寿司…意外と使えるすしのこをまとめ買い!

3. うなぎをあの材料で代用⁉さんまのかば焼き丼

材料費:200円
工程数:15分

うなぎって特別なときしか食べられない!でもたまに無性に食べたくなるんですよね…。
そんなときはさんまで代用すれば同じクオリティでうな丼の味が楽しめちゃう!

出汁のいい匂いが香る絶品丼

材料(1人分)

・ご飯 1膳
・サンマのカバ焼き缶 1個
・卵1個
・三つ葉 お好みで
・玉ねぎの薄切り 1/4
・油 大さじ1
・煮汁(だし汁 1/2カップ、しょうゆ・みりん 大さじ1)
・砂糖 大さじ1

作り方

①三つ葉はざく切りにし、玉ねぎは薄切りにする

②小さめの鍋に煮汁の材料を煮立て、たまねぎを入れる。

煮汁がなければ、めんつゆと白だしで味を調整

③たまねぎがしんなりしたら、サンマをほぐして並べ、缶汁も加える

④ひと煮立ちしたら卵を溶きほぐして回しいれ、火を止めて卵を半熟状にする

卵が少し固まるまで弱火で煮込んでもOK

⑤丼にご飯を盛り、④をゆっくり流しいれ、三つ葉を乗せて完成

ポイント・感想

サンマではなくイワシの缶詰でも代用可能!
味は本当にうなぎのかば焼きという感じで、卵とイワシにしみ込んだ甘辛さがたまりません◎

色々な魚で試してみよう!

贅沢を通り越してピザ太り!

ヘルシーだしとまらんっ!

今回作ってみて、1番美味しかったのは「フライパンピザ」
生地を寝かせる時間もないですし、フライパンで気軽に作れるので、1枚作った後に続けて数枚作ってしまいました(笑)。
結果的に食べすぎてしまいましたが、おうちで作るごはんなら、デリバリーに比べてコストがかからない上に、出来立てホヤホヤ量や具材をカスタマイズしたオリジナルメニューが食べられるので、また違った特別感が味わえます!

どれも短時間で出来るので、おうちにいるご褒美に、贅沢ごはんを楽しんでみてください。